スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に野球について

開幕戦が遅れたり、
ナベツネが4月頭に強行で開幕しようとしたり、
地震の影響でいろいろありましたが、
無事にセパ同時開幕ができたようで。

現在の順位は
ヤクルト、広島、中日、巨人、阪神、横浜と、
まったく予想していないヤクルト広島が上位という。


とりあえず巨人について

阿部の故障に続き、
さらに山口、高橋、小笠原まで故障と
主力級の面々が使えない状態。

坂本、ラミ、長野、亀井は頑張ってんだけども、
他がなかなか繋がらんからあんま得点できてないわな。

内海は今年はけっこう良さそう。後半どうなるかだが。
沢村はなかなかいいんだけども、無援護+粘れずで残念なことに。
東野は最初は良かったんだけども、徐々にテンポ悪くなりgdgdに。
金刃、小山は頑張ってるが、投球回数に難あり。
外人投手勢は…、去年に引き続きお察し。

中継ぎ陣はそれなりにいい感じなんだけども、
やっぱ9回の抑えが安定してないという。
山口でもダメで、ロメロでもダメそう。
死球押し出しサヨナラとかなんやねん。

投手はそれなりに頑張ってるんだけども、
点数がなかなか取れず、1点差とかで勝てない状態と言う。

そんな、いろいろとひどい状態だが、一応昨日までは3位。
とりあえず阿部はもうちょっとで帰ってくるらしいので、
そこまでなんとかAクラスにはとどまりたいところ。

そんな野球。
スポンサーサイト

そういえば社会人

そういえば社会人になりました。
しかし仕事の情報は社外秘とかあるかもしれないので
あまり書くことはありません。
あしからず。

とりあえず書けることはというと、
給料をもらったわけだが、
あんまり使い道がないという。

今までもそうだったんだが、
金があっても使えない。

まぁそれはそもそも、
金にどのぐらい余裕があるのか分からないからだったわけだが、
給料を貰ってすらも分からんわな。

いい使い道とかありゃいいんだけどね。
そもそも、あんまり物を買うところがないというか。

前の大学周辺は、本屋とかはあったわけだが、
こっちは本屋すらないわな。
ワンピの新刊をコンビニで買うしかない始末。

日立市ということは変わらないのに、
こんなに違うものなのか。

とりあえずネットはつながったわけだし、
まだ周辺のことはよくわかってないから、
いろいろ調べてみるかね。

そんな社会人。

南相馬レポート3 鹿島

5日の日立帰る前に、南相馬市鹿島区へ。
そっちは国道6号までいってるらしいと。

とりあえず北泉から行ってみたんだけど、
もう水が引いてたとはいえ、やっぱひどい現状だったな。
海沿いに松林やらシャワールームやら、
お風呂やらいろんな施設があったんだが、
根こそぎなくなってるし、田んぼに車が何台も突っ込んでるし。

サーフィン世界大会なりで有名だったんだが、
こりゃしばらくは無理だわ。

次に烏、真野川漁港辺りへ。
プールとかいろんなのがあったんだけど、
全部なくなっとるわな。
そこから国道6号のほうへ行くと、
漁港に合った船が点々。
国道6号からもその船が見えるという。
こんなとこまで来てしまったんだな…。

ちなみにグーグルマップの航空写真で
鹿島の真野小とかその辺りみると、
田んぼに船が点々と横たわってるのが見える。
あと北泉は水引いてない状態のが見える。
参考までに。

そんなんを見た後で、
大体同じルートで無事に日立に帰りました。


一応いろいろ見た感想としては、
海のほうは時間がかかるかもしれないが、
街の中はスーパーとか再開してきてるから、
元の生活に戻ってきている。
人さえいればそっから復興できる。

あとは学校はまだしも、病院が開けなくて緊急医療ができないような、
意味の分からん区域をなんとかしてくれw

そんなレポート。

ネットつながった

そういえばネットつながりました。
若干速度が遅くなった気はするけど、
たぶん問題は無いだろう。

南相馬レポート2 海

前日に書いたとおり、
海の方、下渋佐へ。

さすがに国道6号までは大丈夫だったけど、
ある意味予想通りの場所までが
なんもなくなってる状況だったという。

下渋佐と上渋佐の境目あたり、
ヨッシーランド、前屋敷あたりまでがそうなってた。
海から約1.5kmぐらいか。

その境目辺りは電柱が倒れてたりなんだり、
家の一階の中身がなんもなくなってたり。
一階の中身無くてもなぜ家が建ってられるのか不思議に見えた。
大黒柱っぽいのは残ってたから、そのおかげなんかね。


とりあえず母方の実家の方へ。
道路もデコボコでひどい状況だったけども、
とりあえずは通れる状態で、
むしろ通れることにびっくりした。
海までちゃんといけた。

海ら辺のテトラポットとかは何も変わってなかった。
なんで変わってないのか不思議だったが、
いつも波に打たれてるから、でかい波きても変わらんってことかね。


母方の実家は、
小さな川が傍に流れてて、
小さな橋を渡ってから家に入るわけだが、
その橋すらなかった。

家の土台はなんとか残ってたから、
玄関だったとことかはわかるんだが、
あとはなんもないわな。

ビニルハウスもトマトハウスも神社も、
雷打たれても立ってた杉も、
信号機も、杉林も、墓も、
見事にみんななくなってるわな。

そりゃ14m?もきて、海から距離200mじゃそらそうなるわ。
津波は天災だし、しゃーないわな。

一応、そこに住んでた叔父叔母いとこ達は無事だし、
祖父母は日は経ったが、ちゃんと見つかったし良かったわな。
海人だったから、悔いはないだろうと思っておく。


そして道中には自衛隊の化学防護班の車が。
なんでそんなんいるんだろうと思ったら、
石油タンクやらなんやらが転がっちゃったやらなんやららしい。
素手で物触るのはアレということで、
海辺行くなら要手袋&一応マスク。
いやそんなに行くのがやばいような現状では全然ないけどさ、一応ね。


あと英語塾の先生に会ってきた。
大変な現状のようだが、とりあえず大丈夫そうだ。

話によると、
緊急なんたら区域のせいで、
子供達は学校には入れないらしいから、
避難できない原校生の場合、
原校までいって、外で待ったあとに
バスでわざわざ相馬まで行ってるらしい。

やっぱり域が逆に負担になってるという。
避難できない人のことを何も考えてない域、方針と。
ちゃんと域内でも普通に動けるようにはして欲しいわ。
補償はして欲しいが、制限は要らないって。

そんなレポート。

南相馬レポート1 

無事に飲み会が終わり、
結局、親に来てもらい、
買い物なり食事なりして南相馬へ。

高速で常磐道から磐越道へ行き、
いわき、船引、二本松、川俣、飯舘を通って
3.5時間ほどで南相馬に到着。


しかしその飯舘~南相馬間で
今までは見たことのない渋滞。
ちゃんと40km/hぐらいでは進むから
そんなすごい渋滞ではなかったが、
平常時の休日とかはこんなんなかった。

たぶんGWでいい機会ということで、
続々と南相馬に帰宅してきているんだろうか。
放射線量的には南相馬は0.5usv/hで相当落ち着いてきてるし。


あと災害派遣の自衛隊のゴツイ車が続々。
南相馬の宿泊は被災者とかで満室らしい(噂聞いただけで確認してないけど
だから福島市の宿泊地で寝泊まりして、
毎日福島市の方から1時間ぐらいかけて南相馬までくるらしい。
本当にご苦労様です。ありがとうございます。


高い放射線量が検出されて
計画的避難区域になっている飯舘を通ってきたわけだが、
見た感じはめっちゃ普通の生活をしてるという。
普通に人が外歩いてたり、コンビニが開いてたり。
まぁそらそやな。

実際は牛とか農家は大変なことになってるんだろうけど、
いまさら避難したとこで、大して変わらんしな。
もう今現在は放射線量は3usv/hだからちょっと高いけど屋内退避で済むレベルだし。
(ただし、赤ちゃんとかはできるなら避難した方がいいに越したことはない。
車で通ったところでぜんぜん問題ない。

逆に計画的避難のせいで復興のために必要な仕事に支障が出るらしい。
マジ政府の対応とかいろいろ遅すぎて状況悪くしてるという。
まぁ対応難しいんだろうけど、うまくやってくれ。


そういや南相馬の一部とか半径20km~半径30kmは
一応、屋内退避とかの制限?は解除されたらしい。
そりゃまぁずっと屋内退避しとるわけにはいかんわな。
それで緊急なんたら区域で一応まだ警戒は続いてるけど、
放射線量的にも大分おちついてきてるしな。

町からちょっと外れたところのでかいスーパーは
先日から再開したようですごい賑わってたわけだけど、
いつも賑わってた街中の駅やらスーパーやらは
まだ開いてなくて閑散としている。
まぁいつものことといえばいつものことかもしれないが。


あとテレビの画面がなんかL字枠になってるなとおもったら、
各地域の放射線量とかがそこに流されてた。
茨城ではそんなんないからびびった。
通りでPC、インターネットにあまり詳しくはない母が
放射線量とかちゃんとわかってるわけだ。
やっぱテレビは情報媒体として重要なんだな。


明日は海の方の様子を見てくる予定。
街のほうは特に被害があるようには見えないわけだが、
やっぱ海の方はやばいらしいのでちょっと見てくる。

デジカメとかで撮れりゃいいんだろうけど
ありませんあしからず。
南相馬の海の画像なんて今はググりゃでてくるからいいよね。

そんなレポート。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。